海外で就職する際の面接

面接では採用する側のリスクをしっかりと認識しておくことが重要

海外で就職する際の面接 面接は、採用選考の中でも最も重要な選考基準になります。採用する側は面接で、あなたが自社に合っているかどうかを見ます。またあなたを採用した場合、自社で活躍できるかどうかを見ます。面接を受ける際にはこれらを踏まえて、採用する側のリスクをしっかりと認識しておくことが重要です。

採用する側の一番のリスクは、採用したあなたが直ぐに辞めてしまうことにあります。そのため、自社に適合した人材かどうかを気にします。また、採用したは良いが、肝心のあなたが自社で活躍できなければ意味がありません。自社の社風や職場の雰囲気に合うかどうか、過去の経験や能力が自社の業務で活かせそうかどうかを気にします。採用する側から見れば他の沢山の候補を切って、あなたを選択している訳です。機会損失の大きさを考慮すると、採用する側は採用活動には慎重にならざるを得ません。

これらを考慮すると、面接は相手の会社があなたが合うか合わないかの問題に帰結いたします。相手の会社の社風と合うか、求めている人材と合うか、求めている能力・スキルが合うか合わないかの話になります。二つの志望がガッチリ合えば採用されるでしょうし、合わなければご縁がなかったということです。面接は、相手の都合に合わせて行うものでありますが、あなたがより良い仕事場と出会うために行うためのものでもあります。あなたの良さを上手く相手に伝えられるよう、面接は無理なく自然体で行うことが良いのではないでしょうか。