海外で就職する際の面接

面接に成功するポイント

海外で就職する際の面接 面接というのは、かなり重要なシーンであることは確かです。面接時にまず気をつけなくてはならないのが、時間を守るということです。当たり前のことではありますが、遅刻をしていくのはそれだけで不採用となる場合もあります。交通機関の影響などで遅刻しそうな場合には、それが分かった時点で連絡をしておくようにしましょう。様々なことを想定しておき、早めに現地に着いておくことも必要です。しかし早く着きすぎた場合には、近場で時間を潰す必要があります。約束の面接時間よりも早すぎる到着は、相手の都合を考えられない人だと判断されるので遅刻ほどではありませんが、マイナスのイメージを与えてしまうので注意しましょう。

面接時に時間を守るというのは当たり前のことであり、遅刻はもちろんですが早すぎる到着もよくありません。何が起きるかわからないので早めに到着しておきたいという場合にも、近場で時間を潰して約束の時間の五分前から十分ほど前に行くようにしましょう。時間を潰す際も、近場に面接官がいたり会社の関係者がいることもあるので、面接の日は面接会場や会社のみではなく常に意識を緩めないようにしておき、しっかりと面接に臨むようにしておきましょう。