海外で就職する際の面接

大学教員になるための面接

海外で就職する際の面接 大学教員になるには、一般の企業に就職するのと同じように、就職活動をする必要があります。もちろん、就職活動がない、ヘッドハントの場合もありますが、多くの場合、履歴書や職歴書を用意し、提出することになります。大学教員用の求人サイトで、自分の専門分野や職歴を踏まえて、求人を絞っていきます。どのような経歴が求められているのかにより、提出できるか否かが分かるようになっています。

提出する書類は、履歴書、職務経歴書に加えて、職務を遂行するにあたっての抱負や、教育に関する豊富など、多くの書類を用意する必要があります。書類のフォーマットは、自由な場合もありますが、エクセルやワードで指定されていることも少なくありません。そこで書類審査が行われ、そこを通過した人が、面接に呼ばれます。

面接では、職務に関する質問がされます。加えて、模擬授業をする場合もあります。職務内容によっては、英語で面接が行われることもあります。面接官は、数人の選考委員の場合もあれば、学部の教員が全員が集まることもあります。人数は、2人から5人位が多いと言われています。適任者がいないときには、人事が流れることがあるのも、大学の求人の大きな特徴です。